巨大プロジェクトで実績のブランド

ZRC JAPAN

お問い合わせはコチラ電話03-3244-3830
大切なお知らせ過去の掲載記事

製品のご案内

TOP製品のご案内ゼロVOC水性常温亜鉛めっきZ.R.C.

環境宣言ゼロVOC水性常温亜鉛めっきZ.R.C.

ゼロVOC水性常温亜鉛めっきZ.R.C.は、揮発性有機化合物(VOC)を含まない水性常温亜鉛めっきです。

従来の塗料には多量に揮発性有機化合物=VOCが含有しています。揮発性有機化合物は、臭気公害やNoxと紫外線との光化学反応によって、光化学オキシダントを発生して、人や動物の目・のど・気管支を刺激したり、酸性雨と共に植物の炭酸同化作用を阻害して、温室効果ガスのメタンの分解を遅延させていることにより、間接的な地球温暖化作用など広範囲な有害性を含んでいます。このため諸外国では、VOC規制が行われており、年々規制化へと進んでいます。

信頼と実績のブランドとして広く支持されているZRC WORLD WIDE社は、これらのVOC規制に対応するだけでなく、よりよい未来のために、21世紀に前進していくことが企業の責務であるとの信念に基づき、ゼロVOC水性常温亜鉛めっきZRCを広く普及させていくことを宣言いたします。

※ゼロVOC塗料とは?…ISO/DIS 17895 水性エマルジョン塗料中の揮発性有機化合物(VOC)が0.01%未満の塗料

※揮発性有機化合物(VOC)とは?…VOC(Volatile Organic Compounds)の略語で、沸点範囲が常圧:50-100℃~240-260℃ の数百種類におよぶ全ての揮発性有機化合物の略称です。世界保健機構(WHO)のVOC規定に基づきます。

水性常温亜鉛めっきZ.R.C.驚異の防錆力!その証!!塩水分無試験にて11000時間達成!!(当社従来品比2.5倍)

塩水噴霧試験

塩水噴霧試験にて、11,000時間達成!(当社従来品比2.5倍)

試験方法:めっきの耐食性試験方法 JIS H 8502.5

(中性塩水噴霧試験法) 塩水噴霧:35±1<>℃
試験期間/11,000時間 塩水濃度/5%

屋外暴露試験 JIS Z 2381

日本ウェザリングセンター宮古島試験場
暴露期間/5年(本土30年に相当)

暴露状況

耐候性を確認するため、劣化を促進させる自然環境因子の豊富な地域で暴露試験を実施することが必要です。 宮古島は、海洋性亜熱帯気候区、高温多湿型気象条件で、日射量、海塩粒子など、自然の劣化因子が豊富なわが国の最南端にいちしており、温暖海岸地域の約6倍の速度で腐食が進行していくものと推測されています。したがいまして、本土の30年に相当します。 水性常温亜鉛めっきZ.R.C.は、試験板、及び溶接ビード部、どちらからも錆は発生しておらず、卓越した錆止め効果ならびに犠牲防食効果がみとめられました。


※試験板は通常の平板を使用せずに、弊社はあえて厳しい条件にするために溶接ビード部有りの試験板を選択しました。

ここ数年来、世界的な規模で環境破壊、温暖化などが問題になっているのは、周知の事実です。 米国内では、全世界に先駆け、1966年のカリフォルニア州での溶剤排出規制に始まり、連邦下での1970年に制定された大気浄化法、1990年の大気浄化改正法などで、順次VOCに対して規制を強化しています。 今後、米国の環境保護局はVOCへの規制を更に強め、削減する意向であります。 ZRC WORLD WIDE 社では、きたるべき環境配慮型社会に対応し、未来への礎となる商品を開発販売しています。 VOCをまったく含有しない、この水性常温亜鉛めっきです。

特徴

・1回塗り施工が可能なため、作業が大幅に改善されます。(エアレス塗装の場合)

・環境ホルモンに該当する成分は含有しません。

・悪臭防止法で指定されている、特定悪臭物質が全くふくまれていませんので、作業環境が飛躍的に改善されます。

・VOC塗料に比べ、火災の危険性がありません。

・VOC塗料のように溶剤臭が強くなく、安全で快適に施工できます。

・密集地域での作業に優れます。

・病院・学校・養護施設・量販店・公共施設等の稼働中での施工に優れます。

・閉鎖された空間、地下鉄道や地下商店街などの施工に優れます。

・希釈シンナーは使用しません。大気汚染を防止します。

・用具の洗浄も水で行え、簡易で安全です。

・環境規制が更に厳しくなる将来的な補修時にも対応でき、有利です。

・もちろんシックハウス対応です。

・労働安全衛生法の対象にはなりません。

概要データ

■容姿/一液性・一粉末

■1セット/5.4lb Quarter kit
 粉末4.1lbs(1860g) 液剤1.3lb(590g)

■亜鉛含有率(93%)

■乾燥時間(20℃)15分

■耐熱温度 最高694℃(連続)、最高927℃(一時的)

■引火点/適用せず

■危険物表示/該当せず

■有機溶剤区分/該当せず

■爆発限界/なし